移転のお知らせ

2018年1月4日、当院は患者様のさらなる通院利便性の改善、施設の拡張のため新規移転いたします。

新施設は和光市駅南口・徒歩40秒の好立地となります。
和光市は、埼玉県南西部の玄関口であり、東武東上線急行停車駅・東京メトロ有楽町線/副都心線始発駅、また東京外環自動車道や川越街道・笹目通りが交差する交通の要衝です。


アクセス方法

公共交通機関をご利用の場合

東武東上線/東京メトロ有楽町線/副都心線・和光市駅南口駅前

お車をご利用の場合

東京外環自動車道・和光インターよりお車で約5分
提携駐車場のご用意(予定)

〒351-0114 埼玉県和光市本町3−13 タウンコートエクセル 3F
(ガスト様、ワタミ様等のビル3Fワンフロア)



新施設の特徴(現時点での予定であり、変更となる可能性があります)


1. 待合を拡大します。

現施設の待合はかなり狭く、混雑時には座席がなくなり大変ご迷惑をおかけしております。新施設では同時に70人以上が座れるようになる予定で、現施設での混雑ピーク時でも余裕がある計算です。


2. AI-Labo Ver2.0

5月の導入以来、体外受精治療の良好な成績を収めているAI-Laboですが、新施設では大幅に台数を増やし、Ver2.0へグレードアップする予定です。ほぼすべての方に世界最先端の培養環境・培養技術を提供できるようになる予定です。


3. 最先端透視レントゲン装置

子宮卵管造影用に最先端の透視用レントゲン装置を導入する予定です。リアルタイムに卵管の通りをみることができるため、診断能力の大幅な向上が期待されます。当院では体外受精だけでなく一般不妊治療にも力を入れてまいります。


4. 提携駐車場

ご要望の多かった提携駐車場をご用意する予定です。2時間30分まで無料となる予定としています。

wako_image1

移転に伴う診療スケジュールについて


移転準備に伴い、2017年内の診療は12月22日(金)までとさせていただきます。
体外受精治療に関しては、11月30日(木)開始までとなります。
(12月1日(金)から1月3日(水)までは体外受精治療は開始できません)


新施設での診療開始は2018年1月4日(木)からの予定です。
完全移転のため、1月4日以降はすべて新施設での診療となります。
お預かりしている凍結胚や凍結精子などもすべて新施設へ責任を持って移動させていただきます。


患者様には、ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

wako_image2