初めて受診される方へ

林博先生

1. ご来院

当院は初めての受診時に、仮登録・予約ができます(WEBのみ)。できれば月経1~5日目に受診してください。
可能であればご夫婦そろってお越しください。

※土曜日の外来は混雑しますので、なるべく平日の受診をおすすめいたします。時間に余裕を持ってお越しください。
※初診当日から体外受精治療を開始することはできません。原則、体外受精セミナー受講後の治療開始となりますのでご了承ください。

初診時に必要なもの

  1. 保険証
  2. 問診票  問診票はこちらよりダウンロードしてください  » 
  3. 以下はあれば、お持ちください。
  4. 基礎体温表
  5. 紹介状
  6. 検査データ
など

初診受付時間

月~金曜日:8:30~11:30、15:00~16:30
土曜日  :8:30~11:30(午後休診) ●金曜日はAM休診

※通常受付時間は「診療・セミナー案内」ページをご参照ください。

精液検査受付時間

月~金曜日:12:00~13:00、17:00~18:00
土曜日  :12:00~13:00
(完全予約制となります。受付・TELにて事前予約をしてください)

検査結果は後日再診時となります。


診察時間

月~金曜日:9:00~12:30、15:30~18:30
土曜日  :9:00~12:30(午後休診)

休診日

日曜日・祭日祝日/年末年始(12月31日~1月3日)

2. 受付

保険証、問診表とその他書類を、受付でご提出ください。
初診時待ち時間の目安は、平日・土曜日共に1-5時間ほどかかります。

※あくまでも目安で、お時間を保証するものではございません

お子さまをお連れになる場合

不妊治療を專門としているクリニックになりますので、原則お子さまとご一緒のご来院はできません。

万一、ご一緒でご来院の場合は、別室がございますので受付にてお申し込みください。

3. 問診

問診票や基礎体温表、他院での治療データなどを見ながら現状を確認するとともに、治療へのご希望などをうかがいます。それを受け、次に行う検査について説明します。

4. 検査

イメージ写真

不妊症スクリーニング検査を行います。月経周期によってできる検査が決まっており、1回ではすべての検査はできません。1-2周期かけて検査を行っていきます。

(1) 低温期(卵胞期)の検査

月経3-5日目:基礎ホルモン検査(LH,FSH,エストラジオール(E2)など)
初回は抗ミューラー管ホルモン、感染症、貧血、肝腎機能検査なども行います。
月経7-10日目:子宮卵管造影(HSG)

(2) 排卵期の検査

月経11-14日目:排卵期ホルモン検査(LH、E2、プロゲステロン(P4))

(3) 高温期(黄体期)の検査

月経20-22日目:黄体期ホルモン検査(E2、P4)

5. 問診

検査結果と今後の治療について、お話しいたします。

6. お会計

初診時は検査料金込みで2~3万円かかります。
次回予約はホームページからも可能ですので、ご利用ください。

予約はこちら »

お支払いにはクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、Diners、AMEX)がご利用いただけます。

ご不明な点がございましたら、お電話でお問い合わせください。



受診を迷っていらっしゃる方へ

林博先生