治療料金

当クリニックの体外受精治療料金に対する考え方

当クリニックの体外受精治療料金の特徴は「成功報酬制」と「定額制」です。 私たちは不妊治療をしている時に、1回の治療で100%子供が授かれる方法であれば、いくらかかってもかまわないと考えていました。しかし実際にはそのような治療法はありません。体外受精はご存知の通り、保険適応外の治療であり高額医療ですが、成功率は30%前後です。成功するかどうかわからない治療に大金を投ずるのはやはり抵抗があります。

そこで私たちは成功報酬制度を導入することを考えました。治療時は必要最低限の実費のみをいただき、治療に成功したときに料金をいただくという制度です。
もちろん、料金を下げるために不妊治療への妥協は一切致しません。最高水準の培養環境、治療法、将来の新しい体外受精技術に対する投資などにはやはりお金がかかるのです。
当クリニックでは、流産の可能性が低くなる胎児心拍を確認した後に、成功報酬として324,000円を頂戴致します。
もし初回で妊娠が成立した場合は他施設よりも若干高く感じる患者さまもいらっしゃるかもしれません。
ちょっとだけ先に幸せになった方が、頑張っている仲間を助けているという風に考えて頂ければ幸いです。

また、体外受精の料金にはわかりにくい部分が多く、検査や診察料金も複雑です。そこでわかりやすく、不透明な部分をなくすため安心の定額制料金を導入しました。診察や検査のみの通院日には会計が発生せず待ち時間が短くなるというメリットもあります。

体外受精助成金について

体外受精を受けられる患者さまは、厚生労働省の特定不妊治療費助成事業により助成金を受けることができます。
当クリニックは埼玉県特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
(埼玉県外にお住まいの方も助成金を受けることができます)

1. 助成を受けられる回数の制限があります。
患者さまの年齢(治療開始時)、および今までの申請歴により助成金を受けられる回数が変わります。
以下の表をご参考ください。(埼玉県ホームページより)
fee_1
これからはじめて助成金を申請する方で、40歳未満であれば年度による回数の制限はありません(通算は6回まで)。40歳以上の方は1年度あたり2回まで(初年度は3回まで)と、年度あたりの回数制限がありますのでご注意ください。 平成28年4月以降になると、40歳以上では通算3回までしか助成金を受けられなくなり、さらに43歳以上となると助成金自体受けられなくなります。
国もなるべく早く体外受精を開始するように促しているのです。
2. 治療内容によって助成される金額が異なります。
採卵周期では15万円ですが、融解胚移植周期では7万5千円と少なくなります。
通算の回数制限がありますので、採卵周期で申請したほうが助成される金額が高くなることになります。
たとえば、計3回助成金を申請できる場合、採卵周期1回+融解胚移植周期2回では計30万円となりますが、採卵周期2回+融解胚移植周期1回では計37万5千円とより多く助成金を受け取れるということになります。
複数回の治療を行う可能性がある場合は、申請する周期をよく検討してみてください。

(埼玉県ホームページより)
fee_2

※ 「妊娠の有無の確認」とは、陽性判定・陰性判定に関わらず、胚移植からおおむね2週間後に確認をした場合。

※ Bとは、採卵・受精後、1~3周期程度の間隔をあけて母体の状態を整えてから胚移植を行うとの当初からの治療方針に基づく治療を行った場合。

3. お問い合わせ先
所得制限等もありますので、詳細はお近くの保健所等にお問い合わせください。
また、各自治体のホームページに詳しく説明されていますので、ご確認ください。

さいたま市・川越市以外の埼玉県在住の方 埼玉県健康長寿課
さいたま市在住の方 さいたま市
川越市在住の方 川越市
越谷市在住の方 越谷市
東京都在住の方 東京都福祉保健局
その他 各自治体のホームページをご参照ください。
(申請書等もダウンロードできます)

地方自治体や企業によっては独自の助成金を出しているところもありますので、各自お問い合わせください。
4. 助成金の申請方法
(1)お住まいにより申請書が異なります。したがって申請書は患者さま自身でご用意いただきます。お近くの保健所でもらってくるか、自治体のホームページからダウンロードできます。(その他、住民票等必要書類ありますので、ご確認ください)

(2)申請書は、治療周期が終了後に当クリニック受付に提出してください。作成には約2週間かかりますので、お早めに提出してください。特に年度末(3月末)は申請できる回数に関わりますのでご注意ください。申請書作成料金は無料です。

(3)お近くの保健所にその他必要書類とともに申請してください。申請には治療費領収証の原本が必要です。かならず大切に保管しておいてください。

治療費用の目安

不妊治療、特に体外受精や不育治療の料金は健康保険の適応外となることが多いため高額となることがあります。
下に料金の目安をお示しします。(当クリニックの料金はすべて税込み表示です)
お支払いにはクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、Diners、AMEX)が使用できます。
また、料金は予告なく変更されることがございます。予めご了承ください。

体外受精胚移植料金表

以下に料金お支払いのイメージをお示しします。当クリニックの体外受精料金の特徴は定額制と成功報酬制です。 診察や検査を何度行っても同一料金です。そのため通常の診察では会計が発生せずスムーズな通院が可能となります。
詳細は下記の料金表をご参照ください。

→体外受精料金の具体例(PDF)

体外受精胚移植費用/凍結融解胚移植費用

新鮮胚移植料金表(2017年6月1日改定)


主な変更点

AI-Labo導入に伴い、採卵料金が1万800円値上げとなります。その分アシステッドハッチング料金を無料とし、凍結融解胚移植周期は1万800円値下げとさせていただきます。 また、顕微授精と胚凍結は数が多くなるほど料金が高くなります。

値上げとなる場合:採卵周期、5個以上顕微授精をする場合、5個以上胚凍結をする場合
値下げとなる場合:凍結融解胚移植周期(アシステッドハッチングをした場合)
(2017年6月1日お支払い分より新料金となります)

当院の体外受精治療料金は、超音波検査・ホルモン検査・注射以外の薬剤料金は込み料金となっております。
麻酔料金や胚盤胞培養料金は無料です。
ブセレキュア点鼻薬および排卵誘発注射(HMG,FSH,アンタゴニスト)は別料金となります。
(初回周期のみ、感染症検査や試験胚移植、点鼻薬処方のため別途約5-6万円かかります)
(採卵合併症や異常妊娠など保険診療となった場合も別料金となります)

自然またはクロミフェン周期新鮮胚移植 料金
採卵周期・診察検査料金 32,400円
採卵・精子調整・媒精・培養 64,800円
胚盤胞培養 0円
胚移植・黄体補充・診察検査料金 86,400円
合計 183,600円
※採卵できず 0円
※胚移植できず(採卵までの料金はかかります) 0円
アゴニストまたはアンタゴニスト周期新鮮胚移植 料金
採卵周期・診察検査料金 32,400円
注射料金(※) 100,000円
採卵・精子調整・媒精・培養 64,800円
胚盤胞培養 0円
胚移植・黄体補充・診察検査料金 86,400円
合計(※) 283,600円
※採卵できず(注射料金はかかります) 0円
※胚移植できず(採卵までの料金はかかります) 0円
※注射料金は個人差があります。上記は標準的な量を使用した場合の概算です。
妊娠成立後黄体補充・診察検査料金 21,600円
胎児心拍確認時(妊娠9-10週) 324,000円
胎児心拍確認時(当クリニック体外受精2人目以降) 108,000円
顕微授精 料金
1個 32,400円
2~4個 54,000円
5~7個 75,600円
8個以上 97,200円
胚凍結 料金
1個 54,000円
2~4個 75,600円
5個以上 97,200円
凍結関連 料金
精子凍結 32,400円
精子融解 10,800円
精子凍結管理料(2年目以降年間) 10,800円
胚凍結 上記参照
胚融解 32,400円
胚凍結管理料(2年目以降年間) 10,800円
その他 料金
初回ART採血セット 33,740円
プセレキュア点鼻薬 8,640円
試験胚移植(MockET) 10,800円
子宮頚管拡開(ラミナリア) 5,400円
※すべて消費税込み料金です。 料金は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
自然またはクロミフェン周期新鮮胚移植
採卵周期・診察検査料金
32,400円
採卵・精子調整・媒精・培養(3日目まで)
64,800円
胚移植・黄体補充・診察検査料金
86,400円
合計
183,600円
※採卵できず
0円
※胚移植できず(採卵までの料金はかかります)
0円
アゴニストまたはアンタゴニスト周期新鮮胚移植
採卵周期・診察検査料金
32,400円
注射料金(※)
70,000円
採卵・精子調整・媒精・培養
64,800円
胚盤胞培養
0円
胚移植・黄体補充・診察検査料金
86,400円
合計
253,600円
※採卵できず
0円
※胚移植できず(採卵までの料金はかかります)
0円
※注射料金は個人差があります。上記は標準的な量を使用した場合の概算です。
妊娠成立後黄体補充・診察検査料金
21,600円
胎児心拍確認時(妊娠9-10週)
324,000円
胎児心拍確認時(当クリニック体外受精2人目以降)
108,000円
顕微授精
1個
32,400円
2~4個
54,000円
5~7個
75,600円
8個以上
97,200円
胚凍結
1個
54,000円
2~4個
75,600円
5個以上
97,200円
凍結関連
精子凍結
32,400円
精子融解
10,800円
精子凍結管理料(2年目以降年間)
10,800円
胚凍結
上記参照
胚融解
32,400円
胚凍結管理料(2年目以降年間)
10,800円
その他
初回ART採血セット
33,740円
プセレキュア点鼻薬
8,640円
試験胚移植(MockET)
10,800円
子宮頚管拡開(ラミナリア)
5,400円
※すべて消費税込み料金です。 料金は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

凍結融解胚移植料金表(2017年6月1日改定)


主な変更点

AI-Labo導入に伴い、採卵料金が1万800円値上げとなります。その分アシステッドハッチング料金を無料とし、凍結融解胚移植周期は1万800円値下げとさせていただきます。

また、顕微授精と胚凍結は数が多くなるほど料金が高くなります。
値上げとなる場合:採卵周期、5個以上顕微授精をする場合、5個以上胚凍結をする場合
値下げとなる場合:凍結融解胚移植周期(アシステッドハッチングをした場合)
(2017年6月1日お支払い分より新料金となります。)


当院の体外受精治療料金は、超音波検査・ホルモン検査・注射以外の薬剤料金は込み料金となっております。
アシステッドハッチング料金は無料です。
ブセレキュア点鼻薬は別料金となります。
(異常妊娠など保険診療となった場合も別料金となります。)

凍結融解胚移植 料金
胚移植周期・診察検査料金 21,600円
胚融解 32,400円
アシステッドハッチング 0円
胚移植・黄体補充・診察検査料金 86,400円
合計 140,400円
胚移植できず 0円
妊娠成立後黄体補充・診察検査料金 21,600円
胎児心拍確認時(妊娠8-10週) 324,000円
心拍確認時(同一採卵周期2回目以降) 108,000円
※特にお申し出がない場合、原則アシステッドハッチングは全例に無料で行います。
※すべて消費税込み料金です。料金は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
凍結融解胚移植
胚移植周期・診察検査料金
21,600円
胚融解
32,400円
アシステッドハッチング
0円
胚移植・黄体補充・診察検査料金
86,400円
合計
140,400円
胚移植できず
0円
妊娠成立後
妊娠成立後黄体補充・診察検査料金
21,600円
胎児心拍確認時(妊娠8-10週)
324,000円
心拍確認時(同一採卵周期2回目以降)
108,000円

下記以外の注射は定額料金に含まれます。
注射の種類や量は医師が決定しますので、原則指定することはできません。
注射料金は採卵時にまとめてお支払いいただきます。

注射名 料金
フォリルモンP 75単位 2,680円
フォリルモンP 150単位 3,230円
ゴナピュール 75単位 2,680円
ゴナピュール 150単位 3,230円
HMG筋注用「F」 75単位 2,100円
HMG筋注用「F」 150単位 2,590円
HMGフェリング 75単位 2,030円
HMGフェリング 150単位 2,590円
セトロタイド 0.125mg 3,150円
セトロタイド 0.25mg 5,250円
注射名
フォリルモンP 75単位
2,680円
フォリルモンP 150単位
3,230円
ゴナピュール 75単位
2,680円
ゴナピュール 150単位
3,230円
HMG筋注用「F」 75単位
2,100円
HMG筋注用「F」 150単位
2,590円
HMGフェリング 75単位
2,030円
HMGフェリング 150単位
2,590円
セトロタイド 0.125mg
3,150円
セトロタイド 0.25mg
5,250円

保険適応内料金は3割負担の料金で表示しています。

不妊症スクリーニング検査 料金
初診時血液検査(月経中、一部保険適応外です)+初診料 23,530円
子宮卵管造影(一部保険適応外です)+再診料 7,070円
(ご主人)精液検査+初診料 1,280円
合計 31,880円
ホルモン検査 料金
基礎ホルモン(LH,FSH,E2)+再診料 2,210円
排卵期(LH,E2,P4)+再診料 2,210円
黄体期(E2,P4)+再診料 2,040円
抗ミューラー管ホルモン(AMH)+再診料 6,850円
診察 料金
超音波検査+再診料 1,810円
人工授精(AIH) 料金
ブセレキュア点鼻薬(初回のみ必要です) 8,640円
人工授精(黄体補充料金込み) 21,600円
不妊症スクリーニング検査
初診時血液検査(月経中、一部保険適応外です)+初診料
23,530円
子宮卵管造影(一部保険適応外です)+再診料
7,070円
(ご主人)精液検査+初診料
1,280円
合計
31,880円
ホルモン検査
基礎ホルモン(LH,FSH,E2)+再診料
2,210円
排卵期(LH,E2,P4)+再診料
2,210円
黄体期(E2,P4)+再診料
2,040円
抗ミューラー管ホルモン(AMH)+再診料
6,850円
診察
超音波検査+再診料
1,810円
人工授精(AIH)
ブセレキュア点鼻薬(初回のみ必要です)
8,640円
人工授精(黄体補充料金込み)
21,600円

低用量アスピリン(バイアスピリン)や妊婦健診料金などは別料金になります。

不育症スクリーニング検査 料金
不育症検査(一部自費検査あり)+再診料 49,180円
感染症検査(必要な場合) 10,810円
不育症検査(ご主人分)+初診料 10,780円
合計(ご夫婦合わせて) 70,770円
診察 料金
超音波検査+再診料 1,810円
ヘパリン療法 料金
在宅自己注射管理指導料、注射針加算(月1回) 3,190円
ヘパリンカルシウム(1日2回)4週間分 6,840円
※5週から36週まで実施した場合 約80,000円
不育症スクリーニング検査
不育症検査(一部自費検査あり)+再診料
49,180円
感染症検査(必要な場合)
10,810円
不育症検査(ご主人分)+初診料
10,780円
合計(ご夫婦合わせて)
70,770円
診察
超音波検査+再診料
1,810円
ヘパリン療法
在宅自己注射管理指導料、注射針加算(月1回)
3,190円
ヘパリンカルシウム(1日2回)4週間分
6,840円
※5週から36週まで実施した場合
約80,000円

精子処理費用・精子凍結料金は精子が確認され凍結できた場合のみ発生します。

麻酔料金、術後内服薬や診察・抜糸の料金は無料です。
術前検査(感染症)は別料金となります。
(術後合併症など保険診療となった場合も別料金となります)

SimpleTESE(精巣内精子採取術) 料金
SimpleTESE手技料 183,600円
精子処理費用 32,400円
精子凍結 32,400円
合計 248,400円
MicroTESE(顕微鏡下精巣内精子採取術) 料金
MicroTESE手技料 291,600円
精子処理費用 32,400円
精子凍結 32,400円
合計 356,400円
精索静脈瘤低位結紮術 237,600円

※すべて消費税込み料金です。
料金は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

SimpleTESE(精巣内精子採取術)
SimpleTESE手技料
183,600円円
精子処理費用
32,400円
精子凍結
32,400円
合計
248,400円
MicroTESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)
MicroTESE手技料
291,600円
精子処理費用
32,400円
精子凍結
32,400円
合計
356,400円
精索静脈瘤低位結紮術
237,600円

※すべて消費税込み料金です。
料金は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。